【元酒類販売員が教える】本当に美味しいお酒 ビール編

こんにちは。ystk13(@ystk_13)です。

 

 

今回はみなさんに美味しいビールをご紹介します。

 

 

なぜこのような経緯になったかという話を少しだけ。

 

 

 

 

私は既に転職してしまいましたが、以前は総合商社の営業として、お酒と食品をスーパーや小売店へ卸す仕事をしていました。

 

 

会社曰く、2万種類ほどの商品を取り扱っている会社だったので、商品の特徴を嫌でも覚えるようにしていました。

 

 

辞めた人間が言うのもおかしいですが、食品はめちゃくちゃ面白かったです。

 

各メーカーは流行りそうな商品を開発して世に出すのですが、それぞれの技術を駆使して面白い商品がどんどん出てくる。

 

いざ蓋を開けてみたら「あれ?他のメーカーと似たような商品ばかりじゃん」みたいなこともあったり(笑)

 

結局ライバル同士でトレンドについて話し合っているのかなと(笑)

 

 

 

 

食品も酒も、時代に合った商品を次々と発売してきます。

 

今なら、お酒だと健康志向向けの糖質ゼロのお酒とか。

 

 

健康には気を遣っているけどお酒は飲みたいというターゲット層に向けた商品が多く出ています。

 

時代の流れですねえ。。。

 

 

 

 

脱線しました。

 

 

 

 

私の経験から商品の紹介を行いたいと思います。

 

 

今回はお酒。

「本当に美味しいお酒 ビール編」をみなさんにシェアしたいと思います。

 

 

買って飲んでみたけど、あまり美味しくなかったなんてことありませんか?

 

 

そんなことがなくなるように、そして美味しいお酒に出会えるようにみなさんにシェアします。

 

 

そして、このテーマをシリーズ化して展開していきたいと思っています。

 

 

 

 

【ビールとは】

 

「ビールとは」

 

アルコール飲料の一種。

作り方は主に大麦を発芽させた麦芽をビール酵母でアルコール発酵させて作るお酒。

 

Wikipediaより 

 

 

 

全然わからないよね(笑)

 

 

【ビールの種類】

 

 

ビールは製造方法によって甘い、苦い、すっきりした味わいなど、それぞれの味が違ってきます。

また、細かい条件によってビール、発泡酒、第3のビール(新ジャンル)に分類されます。これは酒税法という法律で決められています。

 

簡単にいうと、ビールは濃くて新ジャンルは薄いです。

 

 

 

 

【本当に美味しいビール】

 

 

ここからは、私が実際に試飲したものも含めた中で評価が高かったものをご紹介します。

 

 

 

キリン / 本麒麟(新ジャンル)

 

 

近年、若者を中心に酒離れが深刻になっていく中で爆発的に売れているビール。

 

特徴である「低温熟成製法」によって雑味を取り除き、飲みやすくて美味しいビールです。

 

 

100円+税でこの味が楽しめるなら、ビールを買うよりも新ジャンルで十分である。

 

高アルコール(アルコール度数9%)市場が確立していく中で、この本麒麟も他の新ジャンル競合商品よりアルコール度数を高く設定して客の満足感を得ている。美味しくて酔えるお酒は買うに決まってる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キリン / 淡麗グリーンラベル

 

 

淡麗シリーズの糖質オフ商品。

 

糖質制限のビールは基本的にまずいけど、これは美味しい。

 

糖質70%オフなのに飲みやすい。

糖質オフを良い理由に何杯も飲んでしまいそうなくらいビールに近い味わいで美味しいです。

 

 

健康に気を遣っている方で、ビールを美味しく飲みたい方にオススメ!

 

 

 

 

 

ギネス / エクストラスタウト

 

 

私が大好きな黒ビールの中で一番美味しいと思ったビール。黒ビール代表でもある商品。

 

黒ビールの「スタウト」という種類の黒ビール。

 

 

苦くてちょっと甘い、そのバランスが最高です。

ビールが苦手だった私が初めて飲めると思った商品がコレ。それくらい私にとって忘れられないビールでもある。

 

一回飲んでみれば分かるさ。和食に合うところもイイ!

 

ちなみに色が黒いのは、焦がした麦芽を使っているから!

 

 

 

 

 

サントリー / プレミアムモルツ

 

 

プレミアムビールの中で一番美味しいと思った商品。

高いのが少しネックだけど、買って飲んでみる価値はある。

 

【価格】

新ジャンル<発泡酒<ビール<プレミアムビール<クラフトビール

この順序は覚えていた方が良いですね。左から右へ高くなっていきます。

 

 

最近は「神泡」としてのプロモーションが増えています。

泡がきめ細やかだと美味しく感じるのは本当だった。

泡でこんなに変わるのかと思うほど衝撃を受けました。

 

 

 

 

プレミアムモルツを買うと「神泡サーバー」というものがセットでついているので試してみるといいと思います。すごいよ。

 

 

 

 

ヤッホーブルーイング / よなよなエール

 

 

ヤッホーブルーイングは長野県の軽井沢で製造しているビール製造メーカー。

 

最近はスーパーでも頻繁に見るようになったよなよなエール。

 

アメリカンペールエールという、苦味の感じるビール。

苦味の中にフルーティーな香りも感じて美味しい!

 

 

 

 

初心者より中級者、違ったビールを飲みたいという方にオススメです!

 

 

 

 

ヒューガルデン / ヒューガルデンホワイト

 

 

女性でも、ビールが苦手な方でも飲みやすいホワイトビール。

 

全然苦くなくて、コリアンダーシード(柑橘系の香りがする果実)やオレンジピール(オレンジの皮)を使用しているので、柑橘系の爽やかな飲み口になる。

 

 

ビールが好きになれない方、まずはコレ!

 

 

 

 

 

 

ベアードブルーイング / ライジングサンペールエール

 

 

最後は、私の地元・静岡の伊豆で製造しているクラフトビール。

 

 

何気に静岡は、「クラフトビール王国」と呼ばれるほど人気があります。

 

静岡駅周辺にはクラフトビール専門店も多く、「静岡クラフトビアマップ」が作成されるほど。

 

 

そんな静岡でも有名なクラフトビールが「ベアードビール」。

 

「ライジングサンペールエール」は、いつ飲んでも飽きないバランスの良いビール。

 

ホップの風味が良かった。ビール飲んでるわ〜って感じ。

 

一杯で満足してしまうほど満足感の高いビールで、単純に美味しいビールを堪能したい方にオススメ!

 

 

最近は首都圏にも「タップルーム」といって、ベアードビールが飲める場所もあるのでぜひ足を運んでみてください!

 

 

 

 

 

【ビールはグラスからって知ってる?】

 

 

みなさん、普段缶ビールを購入してそのまま飲んでいませんか?

 

缶よりも瓶の方が美味しいとよく言われますが、グラスに注いだ方が絶対美味しいですよ!

 

 

これは私の経験ですが、もう全然違う!

 

雰囲気もそうだけど、ビールの泡の感じとか色を見て楽しむことも大切!

 

飲んで楽しむだけじゃなくて、注ぐところから!

 

 

みなさん、素敵なお酒と出会って毎日を充実させてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

YOSHITAKA

平日は会社員として働く傍ら、週末は写真撮影や映像制作と、趣味に没頭する週末クリエイター。ここでは主に私の好きなことについて発信していきます。サッカー、写真、映像、役に立つ情報をシェアします。