サッカー観戦記 ルールダービー ドルトムント vs シャルケ

サッカー好きなら1度は観に行きたい海外サッカー。

今回は、私がドイツに行った際に観戦したブンデスリーガ。

その中でも、世界的に有名である「ルールダービー」という伝統的な対戦を観戦しました。

最近はDAZN等のインターネット中継が容易になりましたが、普段TV観戦している様子とは全く違う、衝撃を受けた出来事をみなさんにシェアします。


ルールダービーとは?

ルールダービーについて、よく分からない人の為に簡単に説明しておきますね。

簡単に言うと、同じ地域同士のライバル対決。ルール地方という地域がドイツ中西部にあるのですが、戦うチーム同士が歴史的背景や地域性で共通点があるとお互いにライバルとして意識するようになり、そのような対戦を「ダービー」と呼びます。

ドイツのルール工業地帯を本拠地としているのは、ボルシア・ドルトムントシャルケの2チーム。戦前に行われた1925年の初対戦から、ダービーマッチとして行われている伝統的な試合です。

ちなみに、日本でもこのような試合は行われています。私の地元で言えば、清水エスパルスジュビロ磐田。同じ県をホームタウンとし、熱い戦いが繰り広げられる静岡ダービー。サポーターの雰囲気も普段の試合とは全く違う、意地のぶつかり合いです。

実は、日本人もこのルールダービーに大きく関わっていて、両チームに日本人選手が所属している(していた)のです。



私が観戦したのは、現地時間2015年3月1日。

当時、ドルトムントには香川真司、シャルケに内田篤人が在籍していました。こんな伝統的な試合に日本人選手がいること、そして対戦することは本当にすごいことだと思います。平成初期に生まれた私の当時からは、現在のような海外で活躍する選手がゴロゴロ出てくるとは思いませんでしたからね(笑)

この重要な試合で日本人対決が見られる機会は今後ないと思い、チケットを購入。

ドイツに行った目的はこれと言っても過言ではないくらい楽しみにしていました。

チケットの購入方法や入手方法に関しては最後の方に記載しておきますのでぜひご覧ください。

スタジアム行きを妨げてくる日本ではありえない出来事

「これだから人生は面白い」

誰かが口癖のように言っていましたが、そんなことを言う余裕なんてない非常事態が起きました。

見てください。当日の朝、デュッセルドルフにある宿泊先から最寄り駅に向かうと、人が誰もいません。朝が早いわけでもないのに。電光掲示板になにか書いてある。



なにがあったのか聞くと、ストライキです。DB鉄道(在来線)がストライキを起こしたらしいです。なんでこんなときに(笑)

日本ではまず聞いたことがありません。そもそも、不満?があるからといって鉄道職員が電車を走らせない発想になりますかね?日本でこんなことがあったらどれだけの人が迷惑するか。日本の常識で行動していたらダメですね。。。ドイツでは珍しくないらしいです。

ystk_13
これだから人生は面白い(全然面白くない)

本当にヤバイと思い、急いでドイツにいる友人にLINE電話(未来的)。高速バスが良いということで、サイトURLを送ってもらってチケットを無事購入。このときだけは神様だと思ったよ。

ystk_13
即席の味噌汁送るね

今回の試合はドルトムントのホームゲーム。バスでDortmund Hbf(ドルトムント中央駅)へ向かい、乗り換え。

あれ、今朝のストライキは嘘のように普通に電車動いてる(笑)どういうこと(笑)

スタジアムまでの道のり

Dortmund Hbf(ドルトムント中央駅)からスタジアムまでは地下鉄(U-Bahn)ではなく、DB鉄道で向かいました。

Dortmund HbfからスタジアムまではDB鉄道と地下鉄の2通りの行き方があるようですが、地下鉄の方が電車の本数も多くて空いているそうです。

ちなみに、サッカー観戦チケットを見せれば指定区間の鉄道料金は無料になるそう。ドイツ好き。

ドルトムント中央駅で乗り換える際、駅の改札口前でドイツ人が私たち日本人を見つけてくれて、いきなり歌いだしました。

”カガワシンジ”のチャント(応援)です。

そのときの動画がコチラ。

今回観戦した試合は、当時昨季まで所属していたマンチェスターユナイテッド(イギリス)からドルトムントに復帰して間もない試合でした。

ystk_13
おかえり!シンジ!

香川真司はサポーターからかなり愛されていました。チャントを聞いた時は本当に泣きそうになりました。(涙腺ゆるめ)

個人的に衝撃を受けたのは、サポーターが日本人と積極的にコミュニケーションをとってくれたこと。ヨーロッパでも日本人を受け入れてくれるんだ。間違いなく、このチームでの香川真司の功績が認められている。本当に日本サッカーの個人レベルはかなり飛躍したと、このとき確信しましたね。

ystk_13
ドイツ人優しい

電車に乗り込むと、ドルトムントサポーターでいっぱい。黄色を基調とした、蜂みたいなユニフォームを着た集団が車両をハイジャック。外から見たらかなり強そう(笑)

噂では、相手チームのシャルケサポーターはこの電車には乗れないそうです。喧嘩しちゃうからね(笑)日本ではありえない。戦いは既に始まっている!

スタジアムへ近付くにつれて、電車内でサポーターの大合唱が始まりました。窓ガラスを叩いてリズムをとる人、両手をあげて歌い叫ぶ人。見知らぬ人同士がドルトムントファンというだけで繋がり、一緒になって歌う。なんて素晴らしい国なんだ、これがサッカー文化というものか!

そのときの動画がコチラ。

最寄り駅は、試合開催日のみ停車する駅。いわゆる、サッカーの為に作られた駅。国がサッカーの為に動いているこの感じ、サッカー好きにはたまりません。。。日本もいつか。。。

駅を降りた瞬間から、大合唱の始まり。日本のように楽器を使用するわけではなく、基本的に手拍子でリズムをとります。何言っているか分かりませんでしたが、スタジアムへ着くまで終始この様子。まさに意地とプライドを懸けた一戦、サポーターの熱気もいつも以上かもしれません。

ドルトムントサポーターと一緒に歌って歩いていたらすぐにスタジアムへ到着。

ystk_13
こいつらこの試合に人生懸けてる

スタジアム周辺

スタジアムの入り口まで到着!

素晴らしい外観です!感動!

さすが、8万人収容のジグナル・イドゥナ・パルク。私が観戦したシーズンの年間平均観客動員数が8万人を超えて欧州一になったこともあるほど人気のスタジアム。

ystk_13
人多すぎ

様々なところにショップ(屋台)も並んでいます。

本物じゃないのかな?いろんなタオルマフラーやグッズが売られていました。

公式ファンショップがスタジアム付近にあります。公式グッズがほぼ揃っていました。日本では売ってない商品ばかり。

選手の直筆サイン入りTシャツも普通に売られていてサイズも豊富だからオススメ。ただ、めちゃくちゃ混むので要注意!

ystk_13
ユニフォームを買って番号を指定すればその場で加工してくれるよ!

スタジアム周辺では友人とビール片手に話す人がほとんど。みんな楽しそう。雰囲気がサッカーの試合前じゃないみたい。そのくらい優雅でゆったりとした空間でした。



入場方法

スタジアム入場方法ですが、これに関して私たちはかなり手こずりました。

下調べして行ったつもりですが、入場ゲートへ行くとリュック持ち込み不可と言われました(笑)

ystk_13
電車に乗っているやつ誰一人リュック背負ってなかったよ(笑)

詰んだと思いきや、ゲートのおっちゃんが荷物預り所の場所を教えてくれた。

金額までは忘れましたが、確か1000円近くとられた気がします。

今後、ジグナル・イドゥナ・パルクへお越しの方は確認して行った方がよさそうです。

スタジアム入場

厳重な荷物チェックを終え、無事スタジアム潜入完了。

ちなみにチケットはコチラ。

席を探してスタジアムの中へ。

席はアウェイゴール裏の上か2列目くらい!めっちゃ上(笑)

階段を登るとピッチが徐々に見えてきました。

ystk_13
テンション100\(^O^)/

こんなに興奮したの久しぶり!

アウェイ側のゴール裏でしたが、ホームゴール裏は試合2時間前にも関わらず満員でした!やる気が違う!

両チーム選手のウォーミングアップ動画はコチラ。サポーターは常に歌っていました。

選手紹介

ドルトムントの選手紹介の動画。途中からしか撮れませんでしたが、香川真司の紹介はギリギリ映像に収めることができました。

サポーターのボルテージも徐々に上がっています。

香川真司内田篤人ともに予想通りスタメン出場!こんなに幸せな日はない!日本人対決実現!

最後のクロップ監督の紹介を終えたサポーターは戦闘モードに入ったかのように歌いだしました。

ystk_13
なんて素晴らしい雰囲気なんだ!

大合唱「You’ll never walk alone」

これはリヴァプールの試合前の映像。

リヴァプールの他にセルティック、日本ではFC東京など一部のチームが大合唱する応援歌「You’ll never walk alone」。サッカーファンの方なら知っているこの応援歌。

和訳すると、「キミは決してひとりじゃない。」

サポーターが選手を後押しする最高の歌です。

現地で歌うと鳥肌が立ちます。ヤバいです。かなり興奮します。

ystk_13
ちょっと泣いた

ジグナル・イドゥナ・パルクでのYou’ll never walk aloneがコチラ。

さすが、世界中が観戦している注目のダービーマッチ。もちろんこの試合は満員!8万人入りました!

そして、選手入場!

キックオフ

応援の余韻に浸っていたらいつの間にかキックオフ!

日本人選手2人を確認できました。

席がめちゃくちゃ上の方だったので、カメラズームに限界があって画像が荒い(笑)

試合は終始ドルトムントペース。決定機は多いものの、ゴールには結びつかず前半は0-0でした。

香川真司は攻撃で抜群の存在感。内田篤人はかっこよかったよ。

ystk_13
誰が誰だかわかんねえ

ゴール直後の様子

後半33分、やっと試合は動く。

再三決定機を外していたオーバメヤンがやっと決めた!

その直後の雰囲気がコチラ。ゴール直後で自分もかなり興奮していたためブレッブレの映像。

ystk_13
このあと隣のサポーターに押されて携帯3m吹っ飛んだよ\(^O^)/

ちなみに、このゴールでオーバメヤンとロイスがこのパフォーマンス。かっこよかったけどイエローカード。

その余韻に浸って動画を撮っていたら1分後に得点が生まれる。

シャルケサポーターの爆竹?の音にビックリしてそっちを見た瞬間にゴールが決まりました(笑)

ystk_13
見事に見逃した

素晴らしいよ、この雰囲気。最高だよ。

ゴールが決まったらハイタッチとハグ

ここまでは日本でもあるのだけど、その熱量がヤバイ。殴られているかのように肩を叩かれて(ここで携帯が吹っ飛ぶ)ハイタッチを要求され、窒息死するかのようなハグ。

ここまで本気で喜びを分かち合うのは初めてかもしれない。喜びの感情がぶつかり合っている感じ。たまらん。

ystk_13
ドイツ人怖い

ドルトムントがリードした途端にサポーターはシャルケを馬鹿にする応援歌を歌いだす。シャルケサポーターは怒って紙コップに入っているビールを投げ入れる。そんな雰囲気は、ダービーならではの光景。

3点目が決まって勝ちを確信すると、もうお祭り騒ぎ。試合は3-0でドルトムントの圧勝でした。

こんな試合が毎回観れたら、これ以上の幸せはないね。本当に行ってよかった。

ystk_13
ちなみに私はスパーズファン\(^O^)/

チケット入手方法

お待たせしました!

今回の試合のチケット入手方法をお教えします。

結論から言うと、公式オンラインショップからは購入していません。

というか、この試合は伝統的な試合であり、世界中から注目されている試合なのでチケット入手困難です。

チケットも高額で、私の席(2階?3階?アウェイゴール裏)で定価45ユーロでした。日本円にすると1万円いかないくらいかな。

これは聞いた話ですが、この試合に関しては一般販売は基本的に行われておらず、ファンクラブ会員と契約スポンサー関係でチケットはなくなってしまうそうです。

ドイツのブンデスリーガでは、対戦チームによってチケット価格が変動することがあるらしく、ダービーマッチなどの特別な試合は少々高くなるでしょう。

チケット入手方法は私の知っている限り以下の方法があります。

  • 公式サイト
  • viagogo
  • 現地のダフ屋
  • 日本旅行代理店
  • スタジアム観戦ツアー

ルールダービーに限らず、チケットをとるのは公式サイトが一番良いです。(当たり前)

viagogoは、今は亡き「チケットキャンプ」みたいなものでオススメですが、私の場合は旅行の計画をあらかじめ立てていたので、確実にチケットがほしかった。ドイツ行ったのにチケットがないのでは話になりません。



結果的に私は旅行代理店に頼むことにしました!

お世話になったのは、ワールドスポーツコミュニティさん!

チケット購入方法をネットで探していたらたまたま見つけた会社でした。

さっそく電話して、観戦したい試合と日時を連絡。

ワールドスポーツコミュニティさんには申し訳ないのですが、私自身、電話でのやりとりだけでは怖かったので(確実にチケットを確保したかった)実際に会社を訪問して面と向かってお話しさせていただきました。

ystk_13
行動力だけはある

私の質問に対してご丁寧に対応していただきました。

価格は、6万円でした。悪く言えば、906万円

ystk_13
風俗何回行けるのかな(笑)

正直言って高いと思いましたが、私たちは確実にチケットがほしくて、それによって旅行の予定が変わるのも嫌でした。

むしろ、行ってみたらそれ以上の価値のある試合を観に行けたと思います。

チケットの受け取りは現地の宿泊先ホテルに無事届いており、トラブルがあった場合の補償金や連絡先等も事前に教えてくれたので、心置きなく旅行に行くことができました!

ワールドスポーツコミュニティさん、本当にありがとうございました!ちなみに、ブンデスリーガに限らず欧州サッカーチケット手配が豊富だったので、一度連絡して聞いてみると良いと思います!

まとめ

欧州サッカーは日本では決して味わえない、素晴らしい雰囲気と時間でした。

見方選手が良いプレーをすれば拍手をして称え、相手チームがファールをしてきたら全力で叫んで抗議する。

8万人が同じスタジアムでひとつになって盛り上がる。あの空間は、誰もが興奮するはずです。

一度行くとハマってしまいそうな、サッカーをあまり知らない初心者でも楽しめる場所です!

この興奮は絶対若いうちに経験した方が良いです!絶対に!

以上、サッカー観戦記でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

YOSHITAKA

平日は会社員として働く傍ら、週末は写真撮影や映像制作と、趣味に没頭する週末クリエイター。ここでは主に私の好きなことについて発信していきます。サッカー、写真、映像、役に立つ情報をシェアします。