24歳で「ベル麻痺」になった話

2019年3月1日~3月4日まで、香港・マカオへ行ってきました。

久しぶりの海外一人旅。。。

思う存分羽を広げて楽しんできました。

1週間後、そのツケがまわってきたかのように私の顔面を襲いました(笑)

病名は「ベル麻痺」。

聞いたこともない病名。
「これは香港病だ」と本気で思いました。

今回起きた私の病気とそのときの状況について
詳しくここにシェアします。



気を付けよう、ベル麻痺はこんな症状

☝朝起きたら顔半分が動かない

☝片方だけまぶたが閉じない

☝半分笑えない、半分食べられない

「ベル麻痺」とは

ベル麻痺とは

ベル麻痺(ベルまひ)とは、顔面神経の麻痺によって障害側の顔面筋のコントロールができなくなった状態のことである。顔面神経麻痺の原因として脳腫瘍、脳卒中、ライム病などがあるが、原因が特定できない場合にベル麻痺と呼ばれる。

Wikipediaより

病院へ行くとすぐにCTスキャン検査を行い、脳に異常がないか調べられました。

脳には異常はなかったですが、脳みそはスカスカでした。想定内。

原因と症状

前述でもあった通り、原因が特定できない場合に「ベル麻痺」と言うらしく、未だに不明点が多い病気ですが、考えられる原因についていくつか挙げてみます。

考えられる原因としては

・何らかのウイルス感染

・ストレス

・帯状疱疹

があるそうですが、まずストレスを抱えるほど仕事をしていないので、それに関しては違うと断言できます。

主な症状としては、顔が半分だけ動かないこと。

本当に半分。笑ったり喋ったりすると、半分だけしか動かないのでめちゃくちゃ恥ずかしい(笑)

あと、これは本当にみんなに信じてもらえないんですが、舌半分だけ味がしない!!しかも本当に自分の中心から半分!!!これまじなんだけどぜんっっぜん笑えない!!!

ベル麻痺で困った事

口から何かがこぼれ落ちる

ご飯を食べても、水分を飲んでも麻痺している唇の方から何かが出てくる。

唇に力が入らないので、ヨダレも全部出てくる。良い事は出ていかないで、悪いものだけ出ていってほしい。

まじで笑えない

その状況に対して笑えないのではなく、面白いのに笑えない。

これがまじでキツイ。

面白い友達とも会えないし、千鳥の相席食堂も観れない。

「笑い」はやっぱりストレス発散だし、人間は笑った方が長生きすることを痛感しました!
目指せアニマル浜口!

まぶたの開閉は手動

麻痺している左のまぶたは放っておくと24時間開いているので、閉店業務を行わないと一日が終わらない。

そのかわり早上がりも可能で、1時間早く閉めることもできる。ドライアイを防ぐこともできる。こんなことを言っているけど、本当に笑えない。

完全治癒期間と過ごし方

私の場合、症状が出てすぐに病院に行ったので、その段階では軽度の顔面麻痺という程度でした。

受診後、抗ウイルス薬を中心に服用しました。

時間が経つにつれて顔面麻痺の症状が少し進行しましたが、顔半分が動かなくなったところで顔面麻痺の進行は止まりました。

診断後は特にこれと言って制限はなく、薬を飲めばそれ以外はいつもと変わらない生活です。

私のかかった医者によると、おそらく1ヶ月くらいで治るとのこと。
高齢者が発症するケースが多いみたいですが、遅い人で完治まで半年くらいかかる人も。

私は「若い」からという理由で1ヶ月らしいです(笑)
本当に治るか心配です。。。

この記事を投稿するのが症状が出てから1週間くらいなので、まだ完治していませんし良くもなっていません。

ゆっくり治していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

YOSHITAKA

平日は会社員として働く傍ら、週末は写真撮影や映像制作と、趣味に没頭する週末クリエイター。ここでは主に私の好きなことについて発信していきます。サッカー、写真、映像、役に立つ情報をシェアします。